女性の更年期におすすめのサプリは?

女性の更年期サプリのおすすめは?

女性の更年期におすすめのサプリ


40代から50代で始まると言われる女性の更年期。個人差はあるものの、更年期は10年は続くと言われています。

更年期障害と呼ばれる症状もありますが、これも個人差があり、重い女性は寝込んでしまうほど辛いと言いますし、それほど感じないという女性もいます。しかし寝込むほど辛い場合はどうしたらよいのでしょうか?

ホルモン治療などお金をそれほどかけたくない、でもこの辛さはなんとかしたい、スッキリしたいと思っている女性も多いはずです。

そんな中、多くの更年期に対してサプリが販売されています。ソイルナという更年期専用のサプリは女性に指示を受けており、マカやイソフラボン、セレンや亜鉛といった女性に必要な成分がたっぷり含まれています。

女性の更年期は、オーガニックマカを使ってカバー

完全天然無農薬のオーガニックのマカを使っていますから、毎日継続するのに安心できますし、ヤマノというメーカーで作られていますが、フニンという地方で独自の自社栽培を行っています。

その中でもクオリティの高いマカのみを使用しているのがソイルナというサプリに使用されています。

また40代から不足しがちなカルシウムやマグネシウムも適度に配合されているのがポイントです。閉経を迎えた女性は体内のカルシウムが多く排出されます。

そのため様々な体の不調が起こりやすく、慢性的な疲れが起こりやすいのです。カルシウムの吸収を良くするためマグネシウムの配合もされていますから、ほどよく体内でカルシウムが吸収され、インナーケアとしてソイルナを使うことができます。

女性の更年期を乗り切るためにも絶好のサプリです。

キッコーマンが生み出した女性の更年期におすすめなサプリ

毎日がどんよりする、気持ちが安定しない・・・。以前よりもやる気が出ないし、家事をしていても気分が晴れない、そんな女性はもしかすると更年期を迎えているのかもしれません。更年期はいつから始まると決まっているわけではありませんから、ある日突然始まる、徐々に始まっていくものです。

キッコーマンという安心の大手メーカーからそんなどんより女性の更年期のためにからだ想いというサプリができました。厳選されたたっぷりの4種類の成分が詰め込まれたサプリです。

大豆イソフラボン、ぶどう種子ポリフェノールやビタミンD3や葉酸がたっぷり配合されています。それが1日たった2粒に詰め込まれているのですから、毎日続けるのにも苦にならない量ですね。

大豆イソフラボンはアグリコンと呼ばれるものを使用しており、体内で吸収されやすい形になっています。独自素材により腸内環境に左右されずにスムーズに実感力を確かめることができます。

体想いにはたっぷりの成分が1日たった2粒摂取

ぶどう種子ポリフェノールは若々しさを保つためには必要な成分です。特にプロアントシアニジンは強いパワーを持っているとされており、純度の高いポリフェノールを抽出することに成功しています。

それに不足しがちなビタミンD3を配合し、足りなくなってくるカルシウムの吸収をスムーズにしています。青魚によく含まれるビタミンD3ですが、食事から摂るのはなかなか大変なことなので、サプリで摂るのがオススメです。

また葉酸は妊娠している女性にはオススメということが言われていますが、イライラや精神的な不安にも効果があるものなので、積極的に摂りたい成分です。

熱に弱いので、こちらもサプリで摂るのがよいとされています。これら豊富な栄養を含んだからだ想いはたった1日2粒で良いので続けやすく、コストパフォーマンスにも富んでいます。是非続けてみましょう。

女性の更年期は、田七人参とエクオールのパワーで乗り切ろう!

田七人参は知っている人は知っている、女性の味方ともなってくれる健康サプリです。自分でコントロールがなかなかできない自律神経を整えてくれる作用があり、ドキドキ、イライラを鎮めてくれるサプリです。

エクオールも女性の実感度が高い更年期のためのサプリで、ホットフラッシュや冷え、めぐりなどに効果を発揮します。ゆらぎには女性ホルモンの減少が原因ですから、エクオールで女性ホルモンと似た成分を摂ることでゆらぎをカバーします。

大豆に多く含まれるエクオールですが、大豆製品をたくさん食べても女性の2人に1人しかエクオールを体内で生産することができないと言われています。

ですからエクオールはサプリから摂取するのが最もベストでスピーディな方法です。田七人参は栄養価も高く漢方のパワーでスッキリを目指すことができますから副作用も心配なく続けることができます。

多くの成分を摂ることができる女性の更年期に特化したサプリ

サポニン、フラボノイドやギャバなどめぐりやポリフェノール、アミノ酸を豊富に摂ることができます。1日4粒飲むだけでカロチンやビタミン、ビタミンB群やカリウム、リンなどキレイや元気に欠かせない成分を簡単に摂ることができます。

94%がすでに実感しているサプリですから、安心して続けることができます。

どちらのサプリも定期コースがあり、お得に続けることができるので、まずは初回特典から始めて、具合が良ければ続けるようにしましょう。

女性の更年期を寝込んで過ごすのは非常に悲しいことです。元気とキレイを手に入れるためにもサプリをうまく利用して更年期独特の症状を乗り切るようにしましょう。

更年期障害の症状は個人差が大きいって本当?

閉経前後の40代後半から50代前半くらいにかけて、多くの女性が直面する「更年期障害」。女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量が減少するなど、ホルモンバランスが乱れることが原因です。

そしてその症状というのも色々です。ざっと挙げるだけでも、ホットフラッシュ、肌荒れ、白髪、抜け毛、体重増加、めまい、耳鳴り、イライラ、気力低下などなど、実に様々なものがあります。

さらに、すべての人にこの症状が現れるわけではありません。ほてり程度で済む人もいれば、様々な症状が出て、精神的な問題が出てきてしまうくらいに苦しんでしまう人もいます。そして、症状の強弱というのも非常に個人差が大きいものです。

このように更年期障害の症状に個人差がある理由としては遺伝的な理由や体質的なもの、普段の生活習慣によるものなど様々な要因があるとされています。

いずれにしても、どうしても日常生活に支障が出てしまうくらい辛いと言う場合は、早めに医師に相談することをおすすめします。

更年期障害と女性ホルモンの関係性を知る

更年期障害が起きるのは女性ホルモンが大きな鍵とされています。

生理がある女性の場合は卵巣や子宮がまだ活発に働いているので、エストロゲンは豊富に分泌されていますが、更年期に入ると閉経の準備が女性の体の中で始まり、女性ホルモンの一種であるエストロゲンというホルモンが上手く分泌されなくなってしまい、そのホルモンの減少により精神的にイライラしたり、ほてりやだるさなど体にさまざまな症状が出現します。

この女性ホルモンは、先ほど述べたように女性の生殖機能を司るホルモンでもありますが、その他にも役割があります。

例えば、女性ホルモンであるエストロゲンは脂肪を燃焼させる、プロゲステロンは脂肪を蓄積させる役割があります。更年期に入ることでエストロゲンが減少してしまうため、痩せにくい体になってしまうのはここに原因があるのです。

また、骨を強くする栄養素であるカルシウムを骨に吸収させていたのも女性ホルモンの役割です。しかし、閉経に伴い女性ホルモンが減少するとカルシウムが放出されてしまうのです。そのため閉経後の女性は骨密度が低下してしまい骨折をしやすい体になってしまいます。

そして女性ホルモンは動脈硬化防止にも働いています。女性ホルモンが低下すると悪玉コレステロールが増加していまうため動脈硬化が生じ、高血圧が生じやすいとされています。

このように、女性ホルモンは女性の体を整える上で重要な役割を担っていることが分かります。